PHP SCHOOL.biz

PHPの学習をする為のブログです。プログラム未経験の方にも理解できるよう基本的な、PHPの知識について身に付けることができるようにわかりやすい内容にしていきたいと思っています。


PHPと定数

定数というのは一度定義すると変更したり、未定義にできない変数のようなものです。

PHPの定数

定数とは、値が固定されて変化しない変数のようなものです。
定数は文字かアンダースコアで定義することが出来ます。
変数と違い、自動的にプログラムのどこでも読み込むことが出来ます。

定数の定義の仕方

定数の定義では、define()という関数で定義をします。


define(name, value,case-insensitive)

パラメータは下記のような内容となります。
name = 定数の名前を設定。
value = 定数の値を設定。
case-insensitive = 定数のname(名前)の大文字小文字を区別するか。defalutはfalseで設定されており、設定しなくても良い。設定しない場合は、大文字小文字を別の定数名として判断する。

下記の例は、定数の名前を大文字小文字を区別するを設定をした場合の定数の設定方法です。

<?php
define("GREETING", "Welcome to PHP SCHOOL.biz!");
echo GREETING;
?>

実行結果

次の例は、定数名の大文字小文字を区別しない際にの定数の定義の仕方です。

<?php
define("GREETING", "Welcome to PHP SCHOOL.biz!", true);
echo greeting;
?>

実行結果

定数はグローバルでありプログラムのどこからでも読み込むことができる。

定数は、自動的にプログラムのどこでも読み込むことができます。
下の例では、定数は関数の外で定義していますが、定数のechoを関数内でやっています。

<?php
define("GREETING", "Welcome to PHP SCHOOL.biz!");

function myTest() {
    echo GREETING;
}
 
myTest();
?>

実行結果

定数は関数の外で定義しているのですが、関数内に記載しても定数の中身を出力することができました。

定数の定義には、constというものを使い定義することが出来ます。


const FOO = 1;

上記のように記載するとFOOという定数には1が設定されます。constはPHP5.3から導入された関数なので、それ以前のバージョンのPHPでは
使用できません。