PHP SCHOOL.biz

PHPの学習をする為のブログです。プログラム未経験の方にも理解できるよう基本的な、PHPの知識について身に付けることができるようにわかりやすい内容にしていきたいと思っています。


PHPでの画面出力(echoとprint)

PHPでの画面出力

PHPで出力する際、基本的な方法として、echoとprintがあります。
このページでは、echoとprintの使用方法について説明します。

echoとprintはほとんど同じように画面出力する用途で使用されます。
違いは小さく、printは戻り値として常に1を返します。echoは戻り値を持たないため、数式で使用することができます。
echoは複数のパラメータを持つことができますが、printはひとつの引数しか持つことができません。
また、echoは戻り値がないため、わずかにprintよりも早いです。

PHPでのechoの使用例

PHPでechoを使用する際にはechoともecho()とカッコをつけてもどちらでも使用することができます。

テキストのechoでの出力例

次の例は、echoで画面出力する例です。気づくかもしれませんがHTMLタグも出力することができます。

<?php
echo "<h2>PHP is Fun!</h2>";
echo "Hello world!<br>";
echo "私は、PHPについて学んでいます。<br>";
echo "これは ", "文字列の", "複数のパラメータ", "", "出力例です。";
?>

出力結果

変数のechoでの出力例
<?php
$txt1 = "PHPの勉強";
$txt2 = "PHP SCHOOL.biz";
$x = 5;
$y = 4;

echo "<h2>$txt1</h2>";
echo "Study PHP at $txt2<br>";
echo $x + $y;
?>

出力結果

PHPでのprintの使用例

printで画面出力する際もprintという記載でもprint()というカッコをつけた記載でも使用することができます。

テキストのprintでの出力例

次の例は、printで画面出力する例です。気づくかもしれませんがechoと同様、HTMLタグも出力することができます。

<?php
print "<h2>PHP is Fun!</h2>";
print "Hello world!<br>";
print "I'm about to learn PHP!";
?>

出力例

変数のprintでの出力例
<?php
$txt1 = "Learn PHP";
$txt2 = "PHP SCHOOL.biz";
$x = 5;
$y = 4;

print "<h2>$txt1</h2>";
print "Study PHP at $txt2<br>";
print $x + $y;
?>

出力例