PHP SCHOOL.biz

PHPの学習をする為のブログです。プログラム未経験の方にも理解できるよう基本的な、PHPの知識について身に付けることができるようにわかりやすい内容にしていきたいと思っています。


PHPの演算子

PHPの代入演算子は、数値の計算や数値を代入した変数で利用することができます。

一番基本的な代入演算子は、"="です。右側に与えられた値を左の変数へ代入する演算子です。

<?php

$a = 1;

echo $a; //output 1

?>

上のプログラムを実行すると。ブラウザに1と表示されます。
実行結果

これは、右側の1という数値が$aという変数に代入され、変数$aに1という値が入りechoすると"1"と出力されたことを意味します。

そのほかの代入演算子の例を見てみましょう。

同じ内容の式 意味 プログラム例
x += y x = x + y 加算 実行例
x -= y x = x - y 減算 実行例
x *= y x = x * y 乗算 実行例
x /= y x = x / y 徐算 実行例
x %= y x = x % y 徐算の剰余 実行例

PHPの比較演算子

PHPの比較演算子は数値や文字列を比較するのに使用されます。

意味 使用例 処理内容 プログラム例
== イコール $x == $y $xと$yがイコールの場合trueとなる 実行例
=== 型も含めてイコール $x === $y $xと$yが型も値も同じ場合trueとなる 実行例
!= ノットイコール $x != $y $xと$yが等しくない場合trueとなる 実行例
<> ノットイコール $x <> $y $xと$yが等しくない場合trueとなる 実行例
!== 全く同じではない $x !== $y $xと$yが等しくない場合、または型が違う場合trueとなる 実行例
> より大きい $x > $y $xの方が$yより大きい場合trueとなる 実行例
< より小さい $x < $y $xの方が$yより小さい場合trueとなる 実行例
>= より大きいか等しい $x >= $y $xの方が$yより大きいか等しい場合trueとなる 実行例
<= より小さいか等しい $x <= $y $xの方が$yより小さいか等しい場合trueとなる 実行例

PHPの加算子・減算子

PHPには変数を加算する加算子と減算する減算子があります。

名前 意味 プログラム例
++$x 前置インクリメント 前置インクリメントは、インクリメントした後で新しい値を返す。 実行例
$x++ 後置インクリメント 後置インクリメントは、インクリメントする前に元の値を返す。 実行例
--$x 前置デクリメント 前置デクリメントは、デクリメントした後で新しい値を返す。 実行例
$x-- 後置デクリメント デクリメントは、デクリメントする前に元の値を返す。 実行例

前置インクリメントなどはわかりづらいのですが、$x++の場合、$x++をechoしてもまだ、加算されていません。
しかし、++$xの場合は、++$xの時点ですでに+1されています。前置インクリメントと後置インクリメントには、そのような違いがあります。
後置デクリメントと前置デクリメントはその逆です。

PHPの論理演算子

PHPの論理演算子は、条件文を結合するのに使用します。

名前 意味 プログラム例
$a and $b 論理積 $a および $b が共に TRUE の場合に TRUE 実行例
$a or $b 論理和 $a または $b のどちらかが TRUE の場合に TRUE 実行例
$a xor $b 排他的論理和 $a または $b のどちらかが TRUE でかつ両方とも TRUE でない場合に TRUE 実行例
! $a 否定 $a が TRUE でない場合 TRUE 実行例
$a && $b 論理積 $a および $b が共に TRUE の場合に TRUE 実行例
$a || $b 論理和 $a または $b のどちらかが TRUE の場合に TRUE 実行例

PHPの文字列演算子

PHPには、文字列ように利用できる2つの演算子があります。

演算子 名前 意味 プログラム例
. 結合演算子 $txt1 . $txt2 $txt1と$txt2を連結する 実行例
.= 結合代入演算子 $txt1 .= $txt2 $txt1に$tx2を代入して連結する 実行例

PHPの配列演算子

PHPには配列の比較をするための配列演算子があり、利用することができます。

演算子 名前 意味 プログラム例
+ 結合 $x + $y $x および $y を結合する。 実行例
== 同等 $x == $y $x および $y のキー/値のペアが等しい場合に TRUE。 実行例
=== 同一 $x === $y $x および $y のキー/値のペアが等しく、その並び順が等しく、 かつデータ型も等しい場合に TRUE。 実行例
!= 等しくない $x != $y $x が $y と等しくない場合に TRUE。 実行例
<> 等しくない $x <> $y $x が $y と等しくない場合に TRUE。 実行例
!== 同一でない $x !== $y $x が $y と同一でない場合に TRUE。 実行例