PHP SCHOOL.biz

PHPの学習をする為のブログです。プログラム未経験の方にも理解できるよう基本的な、PHPの知識について身に付けることができるようにわかりやすい内容にしていきたいと思っています。


PHPでのメールアドレス・URLのバリデート

この章では、前までの章で学んだバリデートの処理にさらに入力条件を追加していきます。

name(名前)のバリデート条件の追加

以下のコードは、名前(name)の項目にアルファベットと空白のみが含まれているかどうかを確認する簡単な方法を示しています。 name項目の値が有効でない場合は、エラーメッセージを格納します。

<?php

$name = test_input($_POST["name"]);
if (!preg_match("/^[a-zA-Z ]*$/",$name)) {
  $nameErr = "Only letters and white space allowed"; 
}

?>

preg_match()関数は、正規表現によるマッチングを行う関数です。文字列内でpatternを検索し、パターンが存在する場合はtrueを返し、そうでない場合はfalseを返します。

PHPでのメールアドレスのバリデート

メールアドレスが正しいかどうかをチェックする最も簡単で安全な方法は、PHPのfilter_var()関数を使用することです。
次のコードでは、メールアドレスの形式が正しくない場合は、エラーメッセージを格納します。

<?php
$email = test_input($_POST["email"]);
if (!filter_var($email, FILTER_VALIDATE_EMAIL)) {
  $emailErr = "Invalid email format"; 
}
?>

PHPでのURLのバリデート

次のコードは、URLアドレスの構文が有効かどうかを確認する方法です。 URLアドレスの構文が有効でない場合は、エラーメッセージを格納します。

<?php

$website = test_input($_POST["website"]);
if (!preg_match("/\b(?:(?:https?|ftp):\/\/|www\.)[-a-z0-9+&@#\/%?=~_|!:,.;]*[-a-z0-9+&@#\/%=~_|]/i",$website)) {
  $websiteErr = "Invalid URL"; 
}

?>

全てのコードを一緒にすると次のようになります。

<!DOCTYPE HTML>  
<html>
<head>
<style>
.error {color: #FF0000;}
</style>
</head>
<body>  

<?php
// define variables and set to empty values
$nameErr = $emailErr = $genderErr = $websiteErr = "";
$name = $email = $gender = $comment = $website = "";

if ($_SERVER["REQUEST_METHOD"] == "POST") {
  if (empty($_POST["name"])) {
    $nameErr = "Name is required";
  } else {
    $name = test_input($_POST["name"]);
    // check if name only contains letters and whitespace
    if (!preg_match("/^[a-zA-Z ]*$/",$name)) {
      $nameErr = "Only letters and white space allowed"; 
    }
  }
  
  if (empty($_POST["email"])) {
    $emailErr = "Email is required";
  } else {
    $email = test_input($_POST["email"]);
    // check if e-mail address is well-formed
    if (!filter_var($email, FILTER_VALIDATE_EMAIL)) {
      $emailErr = "Invalid email format"; 
    }
  }
    
  if (empty($_POST["website"])) {
    $website = "";
  } else {
    $website = test_input($_POST["website"]);
    // check if URL address syntax is valid
    if (!preg_match("/\b(?:(?:https?|ftp):\/\/|www\.)[-a-z0-9+&@#\/%?=~_|!:,.;]*[-a-z0-9+&@#\/%=~_|]/i",$website)) {
      $websiteErr = "Invalid URL"; 
    }    
  }

  if (empty($_POST["comment"])) {
    $comment = "";
  } else {
    $comment = test_input($_POST["comment"]);
  }

  if (empty($_POST["gender"])) {
    $genderErr = "Gender is required";
  } else {
    $gender = test_input($_POST["gender"]);
  }
}

function test_input($data) {
  $data = trim($data);
  $data = stripslashes($data);
  $data = htmlspecialchars($data, ENT_QUOTES, 'UTF-8');
  return $data;
}
?>

<h2>PHP Form Validation Example</h2>
<p><span class="error">* required field.</span></p>
<form method="post" action="<?php echo htmlspecialchars($_SERVER["PHP_SELF"], ENT_QUOTES, 'UTF-8');?>">  
  Name: <input type="text" name="name">
  <span class="error">* <?php echo $nameErr;?></span>
  <br><br>
  E-mail: <input type="text" name="email">
  <span class="error">* <?php echo $emailErr;?></span>
  <br><br>
  Website: <input type="text" name="website">
  <span class="error"><?php echo $websiteErr;?></span>
  <br><br>
  Comment: <textarea name="comment" rows="5" cols="40"></textarea>
  <br><br>
  Gender:
  <input type="radio" name="gender" value="female">Female
  <input type="radio" name="gender" value="male">Male
  <span class="error">* <?php echo $genderErr;?></span>
  <br><br>
  <input type="submit" name="submit" value="Submit">  
</form>

<?php
echo "<h2>Your Input:</h2>";
echo $name;
echo "<br>";
echo $email;
echo "<br>";
echo $website;
echo "<br>";
echo $comment;
echo "<br>";
echo $gender;
?>

</body>
</html>

実行結果

次のページでは、ユーザーが一度入力した項目をエラーになったりした際にも以前入力したデータが保持する方法を紹介します。