PHP SCHOOL.biz

PHPの学習をする為のブログです。プログラム未経験の方にも理解できるよう基本的な、PHPの知識について身に付けることができるようにわかりやすい内容にしていきたいと思っています。


PHPでのwhile・do〜while文

PHPでは特定の条件でTrueになる間ループを実行する処理を記載するのに使用します。

PHPでのループ

プログラムを記載していると特的の条件で処理をなんども繰り返したい時があります。
if文などの条件をなんどもプログラムに記載することなくループを使用することで、簡単に様々な条件での処理を実行することができます。

PHPでは、ループを行うのに次のような物があります。


・while - 指定された条件がtrueである限り、処理を繰り返します。
・do〜while - コードのループないの処理を1回ループ(後判断)し、指定された条件が真である限りループを繰り返します。
・for - 指定された回数だけループを繰り返し処理を行います。
・foreach - 配列の要素分ループの処理を繰り返します。

PHPでのwhile文

文法


 while (ループを繰り返したいtrueの条件)  
    実行したい処理;
 }

次の例では、変数$xに1を代入しています($x = 1;)。
そしてループが繰り返すtrueの条件として$xが5より小さいかイコールという条件を設定しています。
$xの値は、ループ内で1づつカウントアップされていきます($x++)。

<?php 
$x = 1; 

while($x <= 5) {
    echo "The number is: $x <br>";
    $x++;
} 
?>

実行結果

PHPでのdo〜while文

do〜while文ではループ内の処理が常に一度は実行されます。次に条件を判断し、特定の条件がtrueの間ループが繰り返されます。


 do {
  ループないで実行したい処理;
 } while (ループを繰り返したいtrueの条件);

次の例では、変数$xに1を代入しています($x = 1;)。
そしてループ内の処理を実行し、$xの値をブラウザに表示します。そしてその後に$xがカウントアップされます。
そしてその後、ループを続ける条件がチェックされます(これを後判断と言います)。ループを続ける条件は、$xが5より小さいかイコールです。
ループを繰り返す条件が$xが5より小さいかイコールの間繰り返されます。

<?php 
$x = 1; 

do {
    echo "The number is: $x <br>";
    $x++;
} while ($x <= 5);
?>

実行結果

気づいたと思いますが、do〜while文は、ループ内の処理をループの条件を満たさなくても一度は実行されます。
次の例では、$xに6を代入しています。$xが6であるとループを繰り返す条件を満たしませんがループを繰り返したい条件を判断するのは、
ループの最後なので$xが6であっても一度はループ内の処理を実行します。

<?php 
$x = 6;

do {
    echo "The number is: $x <br>";
    $x++;
} while ($x <= 5);
?>

実行結果

for文foreach文については、他の章で学んでいきましょう。